hoshi368death

解脱できなくて現実逃避

バンプとレミオロメン 最後の西遊記 迷惑じゃない死に方

 最近バンプとかレミオロメンとか、自分が中学生の頃に聴いていたバンドの曲をよく聴く。だんだん自分の知らない音楽や新しい音楽を探求したりせずに過去に聴いた音楽をループして聴くようになってしまいそうで怖い。怖い、というのは音楽の探求(といっても大したことをしていない。CD屋やYouTubeで音楽を探すだけ)が自分の生きがい(といっても大したことではない。何となく死んでいない曖昧な理由であるというだけ)だと思っていたから、それが無くなるといつ死んでもいいような気分になってくるからである。どうなるんだろう。だんだん色々どうでもよくなる。生きるに値する娯楽とそれを楽しむ時間とそれを感受する術をくれよ。

 

 週刊少年ジャンプの新連載『最後の西遊記』が今のところめちゃくちゃ好き。まだ一話だから何とも言えないけど。主人公がヒロインを守る動機と主人公が生きる理由を一話かけて丁寧にやっているのが凄い。感情を描けているというか、ストーリーテーリングがエモーショナル。絵柄もポップなコロコロコミックって感じでめちゃくちゃカッコいい。障害等級第一級系ヒロインが見てて悲しいけど、だからこそ感情描写が際立つのかもしれない。普通に読むと退魔ものになるのかな、という感じだけど冒頭のユーチューバーっぽい展開は何なのだろう。わくわくが止まらないぜ、たぶん。

 

 ウシジマくんの最終回(原作のほう。実写ではない)で風俗嬢債務者の弟が「一番確実に死ぬ方法は人をたくさん殺して死刑になることらしい」と言っていたのが非常に印象的だった。多くの自殺とそれに付随する行動は周囲に止められたり、途中でビビッて辞めてしまったり、準備が面倒だったりでけっこう難しい。中途半端に助かって、負傷の後遺症に苦しむことやメンタルの病棟に入れられたりするの辛い。だからこその死刑。中々いい線いっている。

 結局他人に迷惑をかけない死 というものは存在しないのだろう。老衰で死んでも家族が遺体の処理、葬儀やその他役所の手続き等多くの手間がかかる。

 線路飛び込みの賠償金を払うのは遺族だ。どこで飛ぼうが首吊ろうが練炭焚こうが検死はあるし特殊清掃はあるしその場所は心霊スポットないし事故物件になる。家族や親戚は血縁者が自殺したというレッテルを貼られて生き続ける羽目になる。

 そもそも死なれるのは誰でも、大体は、恐らくは、きっと、悲しいし迷惑だろう。

 周りに迷惑かけたくないし、色々めんどくさいから死なない。

 まあ、今のところそれでいい。それでいいと思う。かもしれませんね。終わり。