hoshi368death

解脱できなくて現実逃避

ノベンバーズ 余暇の価値 物を捨てたくなる

 ノベンバーズのニューアルバムがそろそろ発売する。予約するか迷ったけどこれまでリリースされた音源を聴くのが先だなと思って1stミニアルバムと2ndミニアルバムをとりあえず聴いた。最近のアルバムは何枚か聴いていたが音楽性が割と変化するバンドであるので他の音源も聴いていきたい。基本的に「V系っぽくてノイズっぽいsyrup16g」みたいな感じで好き。ニューアルバムに収録されるというスーサイドのカバー曲が良かったので、あらかた既盤(っていうのかわからないが)を聴いたら買おうと思う。

 ノベンバーズなのかノーベンバーズなのかはっきりしてほしい。まあ、どっちでもいいんだろうけど。

 

 スーパー銭湯に行くとどうしてもワイドショーを観ねばならなくなる。サウナに行かなければいいという話だがスパ銭に行ってサウナに行かないのはどうももったいない気がして…。ワイドショー以外にも、大声で世間話をするおっさんグループが毎回居て不快。若者のマナー違反がメディアでは取り上げがちだが、中年初老のマナーの悪さも取り上げてほしい。お前のことだよ午後のワイドショー。天皇陛下の被災地訪問をコメンテーター替えつつ何時間もやっている時間があるならもっと他のことに目を向けろよ(別に天皇を批判している訳ではないよ)。まあ、そりゃあ同じことを延々とやったほうが尺稼ぎになるんだろうけど。

 というように心の奥の左翼思想が暴発しそうになるから真剣にスパ銭に通うの少し止めてみようと思う。夜勤明け マジで眠いときはでかいショッピングセンターの駐車場に車を停めて少し寝よう。

 習慣というか、日課というか、継続して心が豊かになるような余暇活動を新たに見つけなければならない。このまま地方で漫然とブルーカラー労働をしていると苦しみしか生まれなくなってしまう。創作が精神疲労でできないので、何か別のベクトルで何かをやっていきたい。

 

 物を捨てたくなる。物を捨てると素晴らしいことをしたような錯覚に陥ることが出来る。買ったものが数日で捨てなくてはならないものに変わる。古紙回収や廃品回収大好き。BOOKOFFで売るのも好き。だけど、捨てた分また何かを買ってしまうので部屋は一向に美しくならない。っていうか親の使わなくなった衣類や布団、要らないお歳暮などが俺の部屋に押し込まれているのだ。きれいになるわけがない。正直言って捨てたいが親は「いつか必要になるかもしれない症候群」なのでこっそりと明らかに要らないものを少しづつ捨てていくしかない。いい加減にしてくれ。俺は使わない布団や着なくなった衣類に囲まれて一体いつまで過ごさねばならないのだ。一人暮らししたいが、田舎なので色々しがらみがあり…、何とも……。